Blogブログ

店長が思いのまま書き綴ります。

■店長ブログ2020年5月 鉄板セラピスト

■店長ブログ2020年5月

今回は常連のお客様から「店長ブログ更新を楽しみにしてる」と言われたので、真に受けて更新することにしました。

最近起こった事の裏側を書いていこうと思います。

 

鉄板セラピストのご紹介

先にラグゼアロマを「高くて利用したことない」「大したことない」と見限られる前に、是非一度は入って頂きたい鉄板セラピストをご紹介します。

まずトップセラピストの西村・一条です。どちらも毎月本指名客数トップ争いのスーパーなセラピストです。

二人に入って頂いて「ダメだこりゃ」と思われたなら、当店ではご納得頂けないだろうと素直に諦めます。

 

次点で本指名が多いのは、広瀬・山田・西野・竹内です。

タイプが様々なので好み次第ではありますが、入られて嫌な気持ちになることはないと思います。

特に広瀬は写真指名こそ少ないですがリピート率は高い隠れ人気セラピストです。

 

余談:ここからは役に立たない話なので、暇な方だけお付き合いください。

コロナ禍で実際お店はどうなの?

なんとか採算ラインは保っています。お客様はそれほど変わらず入って頂けているので、自粛セラピストが戻ればという感じです。

正直、国分寺拡大のタイミングはミスりました…

国分寺は鏡がバカでかいのが特徴です(笑)

 

山田セラピスト都心に移籍?

山田セラピストが一時期都心への移籍を検討していました。

ラグゼアロマに残って欲しかったのですが、事情もあったので私が移籍先を探しました。

あわよくば紹介料をもらえると思いまして(笑)

そして良い条件で話がまとまりかけました。

・通常の新人報酬ではなく、トップセラピスト並の報酬

・紹介料も貰える

・ただしノーブラがデフォルト

 

そして体験入店を迎えましたが、結果は入店に至りませんでした。

理由は施術の中に「お客様のオデコに乗る」というのがあり、無理だったそうです(笑)

もし入店してくれていたら、自分も予約してオデコに乗って貰いたかったので残念でなりません

 

新人セラピストにびっくり

びっくり新人セラピストがいましたのでご紹介。全員退店されていますが、さすがに匿名にさせてください。

・一人目 パパ活セラピスト

面接で驚いたのですが、「他に仕事は?」と聞いたら「パパ活もしてます」と言われました(笑)

お店でパパを探したり、金銭交渉したりしないといいなと気になりながらも、採用しました。

結果すぐに辞めてしまいました。

メンズエステって楽ではないので大変で続けられなかったのか、それともお店でパパを見つけてしまったのか定かではありません

 

・二人目 施術がチャイエス?

お客様から「施術内容がチャイエス(中国エステ)のようだった」とクレームがありました。

本人にヒアリングすると事実でした。研修して送り出していましたが、以前のお店の施術をしていました。

結果として、やる気の問題もあり辞めて頂くことに致しました。

入られたお客様には大変申し訳なかったと反省しております。以後の採用・研修での指針に致します。

※明らかに問題があると感じられた場合はご連絡頂ければ改善に努めますし、状況により次回の割引などで対応致します。

 

・三人目 出勤が予約時間ピッタリ?

メンズエステは未経験でした、出勤初日スタートから予約が入っていましたが、部屋に入った連絡が来ません。

電話をかけやっと連絡がついたのが予約5分前。セラピストからの返答は「えっ?予約時間ピッタリに部屋に入るんじゃないんですか?知りませんでした」というものでした

研修は常識と思わずに相手に合わせ教えないといけないとは思いますが、若い方ではなかったため「そこは流石に分かるんじゃないかな…」って正直思ってしまいました(笑)

これもお客様にご迷惑をおかけしてしまいました。以後の採用・研修での指針に致します。

 

スカウトDMするも失敗

八王子フォレストスパのえるさん、立川絹のこころ葉月さんが退店されたというツイートを見てスカウトDMをしましたが、敢え無くお断りされました…

どちらの方も面識はありませんでしたが、Twitterで見るだけでも華のあるセラピストさんだと思っていました。良いセラピストは引く手あまたですね。残念です。

絹のこころさんはTwitterで挨拶させて頂いた際に、大変丁寧にご対応頂いていましたし、ホームページも抜群に洗練されていて良いお店だと思っていました。ライバル店ではありましたが、メンズエステ業界全体に勢いがあることが何より大事だと思っているので閉店は残念でなりません。

今回は以上です。とりとめない話にお付き合い下さりありがとうございました。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事