Blogブログ

店長が思いのまま書き綴ります。

■副業でメンズエステ経営って実際どうなの?

■副業でメンズエステ経営って実際どうなの?

副業で「メンズエステ経営をやってみたい」と興味ある方もいると思います。

実際にやっている私が、その辺りの実情を書いていこうと思います。

 

結論から書きますと、会社員では無理です。

正確に書くと経営自体は可能ですが、専業の方達には勝てないのでジリ貧になると思います。

(個人事業やフリーランスで時間があればOK)

 

理由は2つあって、

1.セラピストの確保が難しい。(部屋の空き・求人費用が掛かり続ける)

2.部屋数を増やさないと、固定費で儲からない。

 

順番に解説していきます。

1.セラピストの確保が難しい。

ぶっちゃけ成否は「これ」次第なんですが、なかなか良いセラピストの採用は難しいです。

月3~4万程度の求人費用をかけていても、指名が取れるセラピストが面接に来るのは3ヵ月に1人来るか来ないか。

在籍しているお店で人気があれば、お店を移ろうとは思いませんから、当然かと思います。

そのため空き部屋が出る、求人費用が掛かり続けるのが最大のネックになります。

 

2.部屋数を増やさないと、固定費で儲からない。

広告費はかけ方にもよりますが、当店ぐらい広告を出すと広告費は月10万近く掛かります。

電話応対も、副業だとオペレーターを依頼するなどが必要で、1部屋でも最低10万はかかります。(特殊な業種なので割高)

当初は「セラピストが電話受けてくれたら」と考えていましたが、タイムリーな対応が出来ないのでお客様にとって不便ですし、店舗にとってもチャンスロスが出るから難しい。

 

そのため1部屋の利益は、固定費だけですぐに飛びます。

男性スタッフを雇えば、さらに1部屋の利益が飛びます。

 

固定費の比率を下げるには、部屋を増やしたい・・・しかしセラピストの確保は難しい。

このジレンマに悩むことになります。(←私が今ココです(笑))

 

実情シリーズもタマに更新していきます。

 

 

 

 

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事